西洋占術と東洋占術の違いについて理解しよう

好みの占いというのはありますか? 好きな占い、嫌いな占いというのは、やはり人それぞれ持っているものであります。 しかし、ある程度の傾向を捉えることで、本サイトで紹介している占いコンテンツを設置することができます。

例えば、Love Fortuneからは、12星座占いのような西洋占術と、干支占いのような東洋占術が存在します。 これらを好む人の傾向を知っていますか?

ということで、ここで取り上げるテーマは、この2つを好む「層」について触れていきたいと思います。

■西洋占術は若者が好む占いコンテンツ

10代、20代のような若い世代は、やはり西洋占術を好む傾向が非常に強いです。 色々と理由はあるかと思いますが「西洋占術に触れる機会が非常に多い」ということが、最大の要因と言えます。

テレビやインターネットで占いをしてみると、多くの場合が12星座占いなどの西洋占術占いになるからです。 結果、若者世代が好むというわけです。

■東洋占術は熟年層が好む占いコンテンツ

30代以降(30代は西洋占術も東洋占術もどちらも好む傾向がある)は、東洋占術が中心となってきます。 例えば干支。 厄年などを気にするのは、やはり年齢層が高い方であり、非常に馴染み深い部分があります。

結果、熟年層が好むコンテンツとなっている特徴があります。 運営サイトが熟年層向けであれば、間違いなくこちらを選択すると良い結果が得られます。